エスケイ通信の集団訴訟対策は安心で誠実

今、現代社会において、いろいろなトラブルや詐欺行為が横行しています。当然、被害者側は被害を被った代償を求めて訴訟を起こしますが、その被害者側の訴えの現状が問題視されています。通常なら何でもない事を、さもひどい被害の様に大げさに文句を言う人や、あら探しのような苦情を企業に寄せるなど、執拗に抗議を繰り返すいわゆるクレーマーなる人達です。最近は個人だけではなく複数の人達が集団で一つの企業を訴えるケースが目につきます。美容整形や不動産などよく記事にされていますが、そういう集団訴訟対策にエスケイ通信は前向きに取り組んでいる会社です。

集団訴訟とは、同一の事件で被害を被った複数の人間が、原告側となって起こした民事訴訟のことですが、必ずしも全てが訴訟対象というわけではないと言われています。そうは言っても情報に溢れた現代、ネットやサイトで謂れのない虚偽の書き込みや中傷をされ、悪評が流れ会社の信用を失い、事務所縮小、最悪倒産に追い込まれた企業も少なくないといいます。中にはその会社に対する妬みや嫉妬から嘘の情報を流す者もいるのも現実の問題です。それに乗ってさらに事を煽る無責任な投稿者達もおり、事実を知らない一般人は内容を信じ惑わされます。エスケイ通信は訴訟問題の専門弁護士や法人と提携し事実関係を調べ調査を行い、実際に訴訟を起こされたときの対処方法のアドバイス、手続きの仕方、訴訟に詳しい弁護士の紹介など、少しでも理不尽な事態が無くなるように集団訴訟対策の改善に日々努めています。

集団訴訟対策で大事なことは、まず慌てないという事だとエスケイ通信はいいます。普通は裁判所から訴状が届くと誰でも心配になり急いで対処しようとします。ですが裁判所からの訴状で期日が無いという事はありませんから、まずは内容をよく確認し、自身に身に覚えがなければ日頃から懇意にしている弁護士、そして専門の企業などに相談するのが一番でしょう。もちろん、思い当たる節があるときは真摯に対処することは言うまでもありません。それでも思い違いや意見の食い違いがあるかもしれません。相手方の訴状に書いてある内容の事実の意味づけが不明な段階で、その事実を認めてしまうと、それが後々有利になることも、不利になってしまうこともありますので、しっかり自分の弁護士と打ち合わせと確認をして対処するようにしましょう。いずれの場合も人と人が起こすことです。どんな場合も冷静に対応することを心がけることが肝心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 今、現代社会において、いろいろなトラブルや詐欺行為が横行しています。当然、被害者側は被害を被った代償…
  2. 旬の食材にこだわり、魚介類を中心に用いた季節を感じられるイタリアンを味わうことができるのが、代々木上…
  3. 江戸川区 リサイクルのベル・テック株式会社に依頼すると、事務所の移転に関してのトータルサポートを行っ…
ページ上部へ戻る