メンタルケア協会以外でもいろいろな働き方ができる

メンタルケア協会で育成している精神対話士ですが、精神対話士の資格を取得することで、メンタルケア協会と業務委託契約を結び、自宅や施設などへ行って相談を受ける派遣の仕事に就くことができます。それだけメンタルケアというのは、今の日本にはなくてはならない存在になっているのです。ただし、勤務先によっては精神対話士以外の資格が必要になるケースも多いと言えるでしょう。例えば精神科や心療内科で働くのであれば、医師や看護師の資格が必要になります。企業の医務室で勤務する場合にも、やはり看護師の資格が必要です。学校の保健室で働くのであれば、養護教諭の資格がなければ勤務できません。このように医療関連の資格を保有している人も、精神対話士の資格を取得するために、メンタルケア協会が行っている基礎課程や実践課程を受けにきているのです。

しかし、無資格でも勤務できる場所もあるのですが、よく悩み相談を行っているコールセンターがあります。このような場所であれば、特定の資格を持っていなくても勤務することができますし、精神対話士の資格を持っていれば、面接で有利になるでしょう。他にも介護施設や福祉施設などでも相談員を募集していることがあるのですが、このような勤務先でも精神対話士は活躍できます。地方自治体などにも相談窓口が設けられていることがあるのですが、もちろんこのような相談窓口の担当者としての勤務もできるでしょう。この場合には公務員として勤務することになるので、待遇もよくなっています。このように精神対話士の資格を取得し、きちんと勉強をした人であれば、いろいろな場所で勤務できることがわかります。また似たような資格もたくさん存在しています。例えば心理カウンセラーや産業カウンセラーといった資格がよく知られていますし、他にも似たような資格が存在しています。資格は持っていることに意味があるのですが、実際には1つ持っていれば、似たような職場で活躍できることは間違いないでしょう。なぜこのような資格がたくさん存在しているのかというと、それだけ悩みを抱えている人の数が多いからです。

メンタルケア協会も、同じような理由で設立され、精神対話士の資格取得の支援を行っています。似たような資格がたくさんあるということは、それだけ多くの職場が存在しており、多くの人材を必要としていると言えるでしょう。よってメンタルケア協会が支援している精神対話士の資格を取得したとしても、他にたくさんの職場で活躍できる可能性があるということを意味しています。もちろんメンタルケア協会で活躍することも可能です。仕事内容も基本的には殆ど変りません。悩んでいる人の相談に乗り、解決策を授けるアドバイスを行うか、精神的なケアを行うのかの違いぐらいでしょう。地方自治体や国でも受けている相談所で、公務員として働く場合には、解決策を授けるアドバイスを行うことが多くなっている反面、メンタルケア協会のような民間団体が行っている場合には、心のケアや精神的なケアを行うことが多いと言えます。よって精神対話士として働く場合にも、心のケアや精神的なケアを行う仕事がメインとなっています。カウンセラーなどの資格は、相談者をある程度限定していることが多いのですが、精神対話士はいろいろな相談者に対応できる資格なので、持っていると有利になることは間違いありません。

一般社団法人メンタルケア協会
http://www.mental-care.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. こんにちは、森博和です。この頃、休日はもっぱら録りためたドラマや映画を見て過ごしています。突然ですが…
  2. 現代の多くの企業では、人員削減とコスト削減が進められ、ITとAIの導入は一般的となっています。企業の…
  3. 平成最後の日、平成最後の夏休み、平成最後の・・・1989年1月8日からスタートした“平成”も来年の4…
ページ上部へ戻る