保健科学研究所の事業内容と取り組みについて

保健科学研究所は、1955年に創業した歴史のある会社です。本社を神奈川県に置き、仙台、中部、大阪支社があり、創業以来、臨床検査業界のトップを走り続け、医療の発展とともに、着実な成長を遂げています。保健科学研究所は、「検体検査業を通じて国民医療に貢献し、資質の向上と職員の研鑽を図ることにより、国民の健康の保持増進に寄与すること」を経営理念に掲げ、高い倫理観と法令の順守を徹底した事業活動を展開しています。

事業の中心となっているのは、人体から採取した臨床検体の成分を分析し、検査を行う検体検査です。病院を受診した際や健康診断をした時に、誰でも採血や検尿などを経験したことがあるでしょう。この時に採取した血液や尿などを分析し検査結果を報告する仕事です。また、保健科学研究所では、遺伝子関連検査事業として遺伝子・染色体検査なども行っています。これは、がん・遺伝性疾患・染色体異常を伴う疾患・感染症などの確定診断や薬物治療の指標に使用されています。さらには、近年社会的な問題となっているアルツハイマー病対策として、アルツハイマー病に至る前の軽度認知症障害の兆候を早期に発見できるバイオマーカーを使った血液検査も行っています。検査のみならず、治療コーディネーターとして医療機関で治療を実施するチームに参加し、医師の指導・監督のもと専門的な立場からさまざまな業務支援を行うなど、あらゆる方面から医療を支えるためのサポートをしているのが保健科学研究所なのです。このように、臨床検査に関する事業はもちろんですが、その他にも環境計量事業、介護事業、農業事業や教育事業にも力を入れています。

保健科学研究所では、スタッフに対する特別教育プログラムを構築し、専門的な知識と技術力の向上維持に努めています。臨床検査技師をはじめ、営業職、システムエンジニアといった分野で、必要な力を身につけ、学んだことを業務に活かし、将来進む道を確かなものにするためのインターンシップ制度を採用しているのが特長です。保健科学研究所は、日本で初めて検査機器の自動化を行うなど迅速かつ正確な検査を目標に日々臨床検査に取り組んでいます。このような功績を鑑みても、医療技術の発展とともに成長を遂げてきた会社と言っても過言ではないでしょう。保健科学研究所は、今後も高度な専門性と新世代のテクノロジーを駆使し、基礎医学と臨床現場の橋渡しとして、人類の医療と健康の未来に貢献していく会社なのです。

保健科学研究所
http://www.hkk.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 旬の食材にこだわり、魚介類を中心に用いた季節を感じられるイタリアンを味わうことができるのが、代々木上…
  2. 江戸川区 リサイクルのベル・テック株式会社に依頼すると、事務所の移転に関してのトータルサポートを行っ…
  3. 秀光ビルドは3つの家のプランを用意して、さらに自由設計や規格住宅も用意しています。このように全部で5…
ページ上部へ戻る